2007年09月06日

旅行前には家をきれいにして行く

 まだまだ道半ばの「そうじ」道です。が、わずかずつ目に見える効果も挙がっています。
 その一つは、旅行に行って帰ってくると、ホッとするということ。ドアを開けた瞬間、「あれ?片付いてる?」という気持ちになれる。ずっと前は、疲れて帰宅するとますますうんざり‥ということが当たり前でした。

 今では、旅行前に少し気合入れて家を片付ける習慣になっています。
 台所のシンクは全て洗い上げ、食器も収納。生ゴミ受けはきれいに洗ってヌメリを取り、シンクも拭きあげる。ゴミは当日朝、全部出す(曜日が違うモノもごめんなさいしてマンションのゴミ置き場に置いてきます)。
 トイレと玄関は、掃除して出ます。トイレカバーも替えます。靴は靴箱に全てしまい、スリッパは揃えて並べておきます。ドアノブも拭きます。
 洗面台をきれいにし、鏡を磨きます。風呂場の排水溝のヌメリ落としもしておきます。
 掃除機を隅々までかけ、テーブルも拭いておきます。夜帰ってきてすぐ寝るパターンが多いので、布団は敷いておきます。布団を干し、シーツ、タオルケットなども洗濯しておきます。

 旅行自体の支度、子供の分の手伝い、新聞やら生協やらへの連絡事項、鉢植えの水遣り‥などでただでさえ忙しい上に、これらの「そうじ」を加えるのですから、旅行の準備は格段に大変になりました。
 でも、効果は抜群です。
 普段あまり意識しない「家が片付いているといいな〜」という実感を、すごく味わえます。さっぱりした玄関と「さあお上がりなさい」と言わんばかりのスリッパに迎えられると、心底ホッとします。素足で歩けるきれいな床、清潔で乾いた寝具、モノの散らかっていないリビング。癒されます。台所で水一杯飲むのもほっとします。持ち帰った洗濯物、お土産などを広げるので、こざっぱりして広々していないと出来ないのですしね。
 以前の、疲れて帰ってきて、汚い家でドッと疲れ倍増‥ということからすると夢のようです。

 毎日はまだ難しくても、こういう時だけならば何とか頑張れます。そして「ああ、片付いてるって、清潔っていいな〜」と自分自身に刷り込めます。ちょっとした、自分教育ですね。
posted by eribow at 16:19| Comment(9) | TrackBack(0) | そうじ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでははじめまして、です^^
すごくよく分ります〜!!
私も昔はとにかく部屋が散らかっていた&物が溢れていたのですが、ここ数年部屋が散らかっていると疲れるということに気がついて、ちょこちょこと片付け&掃除を心がけるようにしてます。
片付いてないと力が部屋に吸い取られてるような気がします(笑)
Posted by Aki at 2007年09月07日 09:43
効果出ましたね!(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
旅行前にそうじして行くとは、すばらしいです!
帰ってきて、きれいな家だとうれしいですよね(^o^)
「自分の家に帰ってきた〜」って癒されますよね♪
自分の家に愛着がわくと、もっとそうじしたくなるのかもしれませんね(^^)
Posted by ひつじ at 2007年09月07日 10:49
>Akiさん
わーい、こちらまで来ていただいて、ありがとうございます♪

>部屋が散らかっていると疲れる
>片付いてないと力が部屋に吸い取られてるような気が
これぞ、舛田さんの「マイナスパワー理論」そのものですね!
誰もが漠然と抱いている当たり前?!の実感を、明示し、理論化したことに
私は感動し、賛同している、というわけなのです
片付ける「べき」だからではなく、片付けるとこんないいことが、
片付けないとこんなマイナスが、という論理展開が
現代的であり、説得力があるんですよね!

>ひつじさん
>旅行前にそうじして行くとは、すばらしいです!
ありがとうございます(^^)V

ほんとはこれが「いつも」になればいい、と分かっているのですが、
今のところ「せめて旅行前は‥」と自分を説得して(^^;
「そうじ」のとっかかりとして旅行を利用している、という感じです

癒される家にしたいですね!(>人<)祈
Posted by eribow at 2007年09月09日 07:11
自分では割りと頑張って整理しているつもりでも、主人の実家から帰ってくると我が家の散らかり具合にげっそりします。(自分の実家から帰った時はそうでもない…)

テーブルの上が片付いている・寝具がさっぱりしているは気持ち良いですよね。毎日やれば良いだけなのに出来ていない自分が情けなくなりますよ、ほんと!
Posted by つむパン at 2007年09月09日 22:05
遅いレスごめんなさい
>つむパンさん
ご主人の実家は、よっぽど片付いているんですね(^^;
うちは、自分の実家もだんな実家も、訪れてからうちに帰ってくると
「うちは広い‥」「うちはキレイ‥」と感慨に浸れます
(=両方とも片付いてなくてすごい)

そうそう、記事を書きながら、「これ、毎日にすればいいじゃん!」
と自分にツッコミを入れていた私です(^^;
Posted by eribow at 2007年09月16日 16:39
旅行前家をきれいにすると家に帰る事も気が重くならなそうですね。私は休日に外出の際はトイレとシンク周りはきれいにしておこうと最近は思いますね。家で留守番の者が少しでも快適&料理に目覚める?かもしれないので。最近はトイレのコーディを楽しんでいます。ピンクの便座カバーの時は、トイレットペーパー、タオルもピンクで統一。黄色や緑や茶のカバーも増えたので、同色でコーディ考えてみます。心理的にも変化がでるかしら?と思いながら。170/366
Posted by ひろみ at 2007年12月11日 14:15
>ひろみさん
>家で留守番の者が少しでも快適&料理に目覚める?かもしれないので。
シンク周りって‥そういう意味だったんですね(笑)
でも、正攻法ですね!

インテリア、特に配色を変えるのは、生活=人生も変わる前兆かもしれません(-_☆
Posted by eribow at 2007年12月13日 13:31
わが家の旅行は年に2〜3回。急に出かける事になったり、泊まる日数を決めてなかったりとだんなの気まぐれに合わせる事も多く、今回お盆休みの旅行前にはキッチンまわりをきれいにして出かけました。冷蔵庫の食材はお弁当にしたり、シンク周りはすべて洗い上げ、シンクのゴミ受けもきれいにし、家中のゴミはまとめてゴミ置き場に置いて出かけました。宿泊先のホテルの部屋は小さくてもとてもシンプルで機能的だったので、家とのギャップはありますが、そうじして行ってよかったなあと帰って来て思いました。楽しい旅が出来るかどうかも出かける前のそうじが影響しているこの頃です。393
Posted by ひろみ at 2008年08月26日 10:19
>ひろみさん
以前の私なら、旅行の準備だけでも忙しいのに、
エクストラな「そうじ」なんかしてられるか!という感覚でしたが(^^;
まあ、これも習慣の問題なのかな?やる、と決めるとできてしまうものです
あまり完璧主義を目指すと疲労しますので、8割できれば合格、という感じかな
キッチンがこぎれいなだけでも違いますよね♪
Posted by eribow at 2008年08月31日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54182411

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。