2008年02月13日

そうじ登山の野口健さんを尊敬!

 「清掃登山」で知られているアルピニストの野口健さん、大ファンです。お台場のメディアージュ6Fで展示をやっているのをたまたま通りかかって、見てきました。

 エベレストから持ち帰ったゴミの数々も展示されていました。記録や美など、自分の満足だけで精一杯の過酷な雪山で、地味で汚い作業をしようと思いつき、行動に移した彼のカッコよさに、何度触れてもシビレます。

 いつか参加しようと思っていた富士山の清掃登山は、4年間でのべ4千人以上が参加し、「5合目以上はほとんどゴミがなくなりました」と書いてあって、感動を新たにしました。
 富士山がゴミだらけだったことは、正に日本人の心象風景を指し示しているんだな、と暗い気持ちでいたのですが、ゴミがなくなったということは日本もこれからいいことあるのかもしれない、と希望を抱かせてくれました。国レベルでの「そうじで開運」ですね?!
 「あとは樹海です」とのことですが、樹海には、まるで心の奥深い底のように、「見てはならないゴミ」が沢山埋まっていると思います。ゾー。

 野口健さんの自伝?『100万回のコンチクショー』を読んで、ますます彼が好きになりました。バッシングを受けて「コンチクショー!」と心で叫ぶ‥へこむ弱さでも、笑って受け流す大人さでもなく、子供のように無邪気でそして強い。今の日本人に足りない魅力だと思いました。
 彼は、私にとって「そうじ」のカリスマの一人です。「そうじ」によって変わるのは、家や国土だけではない。心が変わるのだ。彼はそれを証明してくれると信じます。彼を清掃登山に駆り立てた「日本は経済は一流でもマナーは三流」という言葉‥逆に、山がきれいになった時、日本はマナーが一流の国に変わるに違いありません。

 なお、お台場のイベントは、明日14日(木)までのようです。この記事を見て興味を持った方は、滑り込みでGO!
posted by eribow at 17:58| Comment(2) | TrackBack(1) | そうじ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野口健さん、時々テレビなどで見かけますが、尊敬します!
「日本は経済は一流でもマナーは三流」と言われた時、どんなに悔しかったことでしょう・・・
外国では、個人がその国の常識ように見られますから、マナーにはほんとに注意したいものです。
Posted by ひつじ at 2008年02月15日 10:27
>ひつじさん
エベレストの放置空き缶に「焼き鳥」とかありました(^^;
それ見たら、何も言い返せないでしょうね‥

日本には「旅の恥はかき捨て」思考があり、「どうせ誰も見ていない」雪山で
一層その態度に拍車がかかったのでしょう
「自分だということがバレなければいい」「人に見られていなければいい」
という心のありようは最も恥ずかしいものだという考え方からは
日本全体がまだまだ遠いですね‥(遠い目)
Posted by eribow at 2008年02月15日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日の論点!ブログ意見集: 清掃登山 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「清掃登山」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+
Tracked: 2008-04-02 11:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。