2008年04月24日

不要物を引き取ってもらうヨロコビ

 「そうじ」「整理整頓」で出てきた不要物は、周りに声をかけてどんどん引きとってもらっています。無事“第二の人生”を歩み始めた様子を見聞きすると、じーんとしてしまいます。

 PTA会議室から発掘された横山大観疑惑?!の名画と老舗和菓子屋の出会いのドラマもありました。その鯉の絵がとうとうお店に飾られました!(@O@;
 しばらく飾ってなかったので心配になって、通りかかった時「もしかして迷惑だった?」と恐る恐る聞いたところ、「ううん、飾る準備してるの。ちょっと重くてね。壁に穴開けることになって。」ひょえー、そんな大事になったとは!
 またしばらくお店の前を通る時は(とっても近所なのです)気にしていたのですが、今日見たら飾ってあったー!!(感涙) やけにデカい絵だと思ってましたが、お店に飾られるとさりげなくちょうどいい大きさです。白い壁に、生成りの和紙の色が優しい感じです。遠目でチラリと見て、逃げるようにその場を離れましたが、ふつふつと喜びがわいてきました。嫁に行った娘が幸せそうに暮らしているのを物陰から確認した親父のようです(爆)。
 引き渡した段階は、言わば結婚式のようなもの。「きっと幸せにします」と言われて、それを疑うわけではないけど、やっぱりその後を目で確かめないと落ち着かない気分です。ああ、よかった(;_;) やっと安心です。

 文房具整理で出てきたスタンプは、授業参観後の時間に、予定通り、去年の担任の先生に当たってみました。
 そもそももう学年も違うので、「こんにちはー」と笑顔でお声かけしてもまさか用があるとは思われず、「え?私?」という感じでびっくりされました。「あのー、個人的な不用品なんですけど、要りませんか?」と言うと、ますます混乱(^^; スタンプを取り出すと、「何故こんな(学校の先生向けの)グッズを保護者が所有?」「何故くれるのか?」「何故私なのか?」とさまざまな「?」がぐるぐるー(笑)
 ようやく事態を飲み込んだところで、「ええー、いいんですか?」買えば数百円はするモノ、経費は出ない代物だし、わざわざ自腹切るのも…でもあったらあったで面白い。私の読みは当たり、「これいい〜♪面白い!使える!」と大喜びして下さいました。
 昨年1年、担任-保護者という関係で、気さくな雰囲気でお付き合いさせていただき、何となく「K君のお母さんって面白い(というか、変わってる?)」と思われていましたが「やっぱり面白い(笑)」とダメ押しになったようです(笑)。

 本棚を整理して出てきた、子供の小さかった頃の「恐竜図鑑」を、低学年のお子さんのいる友達にあげました。外箱が少しつぶれているので、ブックオフに持ち込んでもどうせ0円です。「ええーいいの?」とこれも喜んでもらえました。

 もらい物のエコバッグの一つを、これまた小学校ママ友達にあげました。茶色でださい奴(^^;なので、こちらとしては差し上げて全然いいのに、「えー、どうしてー、いい奴じゃん、使えるのに!」とびっくりされ、喜んでもらってもらえました。

 人にあげる、というのも、繰り返していると「あげ癖」ができるようです。誰に声をかければいいか、とか、どういう言い方をすればいいか、とか、勘所をわきまえてきます。こちらとしては、捨てるモノ、ゴミ同然、なので「こんなもの…悪いかなー?」という引け目があるのに、大喜びしてもらえたりして、こそばゆいような嬉しさです。それを仲立ちに、相手とちょっと仲良くなれます
 売るに売れないようなモノが、こうやって生かされて、感謝までされて、これもちょっと病みつき気味かも(笑)。
posted by eribow at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | そうじ雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰がどんなものを欲しがっているか、わかるようになってきたとはeribowさんレベル上がりましたね!(何の?(^_^;))
鯉の絵、幸せになってよかった( ;∀;) 自分があげた物を喜んでくれているかって心配になる気持ち、わかりますー!

これ、あの人なら好きそうだなーっていうの、私もあるんですよ。
でも、欲しいほど好きかどうかまでは自信がない(^_^;)
いる?って聞いて、いらないって言われて関係が微妙になったらヤダな・・・とかね(^_^;)
そこら辺がまだまだ勉強中です〜。
Posted by ひつじ at 2008年04月29日 11:41
>ひつじさん
>でも、欲しいほど好きかどうかまでは自信がない(^_^;)
>いる?って聞いて、いらないって言われて関係が微妙になったらヤダな・・・とかね(^_^;)
「とりあえず聞いてみる」というのが手ですね
あと、必ず断りやすいように聞く(^^;
「これ、貴女ほしいんじゃないかと思って」だと断りにくいけど、
「いらないよねー?いらないよねー?こんなモノ」という方向から入ります(^^;
断られたら「ごめんね、変なことお願いしちゃって」と謝り、
「また変なモノ出てきたら声かけるから、これに懲りないでね」と明るく笑って
「次」につなげる(そうしないと次声かけづらい)
などなど(笑)

>自分があげた物を喜んでくれているかって心配になる気持ち、わかりますー!
共感してくださって、ありがとう(TT)人(TT)
Posted by eri bow at 2008年04月29日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94556059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。